位置情報サービスの利用規約

1(目的)

本規約は会員(MOCA Systemサービス規約に同意した個人位置情報主体のことです。以下「会員」といいます。)が株式会社MOCA System(以下「当社」といいます。)が提供するAirfobモバイルアクセスに関連したすべての製品およびサービス(以下「サービス」といいます。)を利用する際に、当社と会員の権利・義務およびその他の必要事項を規定することを目的としています。

2(利用規約の効力および変更)

① 本規約は、サービスを申請したまたは個人位置情報主体がその内容に同意し、会社所定の手続きに従ってサービスのとして登録することにより効力が発生します。

② 会員がオンラインで本規約の「同意する」ボタンをクリックした場合、内容をすべて読んだうえでこれを十分に理解し、その適用に同意したものとみなします。

③ 当社は、位置情報サービスの変更事項を反映するため必要な場合などは、位置情報の保護および利用等に関する法律、コンテンツ産業振興法、電子商取引等における消費者保護に関する法律、消費者基本法、規約の規制に関する法律等、関連法令に違反しない範囲内で本規約を改正することができます。

④ 当社が規約を改正する場合には、適用日、改正理由、現行規約および改正規約の内容と改正規約の適用日まで同意または拒否の意思表示をしなければ、改正規約に同意したものとみなすという内容をそれぞれ明記し、次の方法で掲示および通知します。
1.サービスホームページ等に掲示:改正規約の適用日7日前から適用日以後相当の期間
2.会員に電子的形態(Eメール、SMS等)で個別通知:改正規約の適用日7日前から

⑤ 当社の前項による掲示および通知後も会員が改正規約の適用日まで改正規約について同意または拒否の意思表示をしないときは、会員が当該改正規約に同意したものとみなします。

員が改正規約に同意しない場合(当社または)、会員は利用契約を解除することができます。

3条(関係法令の適用

本規約は信義誠実の原則に基づいて公正に適用し、本規約に定めのない事項については、関係法令または商慣例に従います。

4(サービスの内容等

社は個人位置情報を収集しません。個人位置情報を収集する主体は会員であり、当社は会員が提供してサービスに保存された個人位置情報を利用、提供しません。

社が保存している位置情報に対するサービスおよび個人位置情報の保存目的は以下の通りです。

サービス

サービス内容および(保存)目的

個人位置情報の保存期間

Airfob Space 1.0

会員位置をもとにモバイル端末を通じて

出入サービスを提供する目的

退会または同意撤回時まで

Airfob Space 2.0

会員位置をもとにモバイル端末を通じて

出入サービスを提供する目的

退会または同意撤回時まで

Airfob portal 1.0

管理者サイトで会員が収集した位置情報を

サービスとして提供する

退会または同意撤回時まで

Airfob portal 2.0

管理者サイトで会員が収集した位置情報を

サービスとして提供する

退会または同意撤回時まで


Airfobアプリを利用する際、位置情報へのアクセスを求めるリクエストがありますが、これはアプリがバックグラウンドで起動するための権限要請であり、位置情報の取扱とは無関係です。詳細は以下のリンク先をご確認ください。
https://airfob.zohodesk.com/portal/ko/kb/articles/location-service-faq-17-5-2023-1

社は、個人位置情報の利用または提供目的を達成した後は、個人位置情報を直ちに破棄します。ただし、他の法律にって保存しなければならない場合や員が個人位置情報の保存に別途同意した場合には、員が同意した時から最大1年間これを保存することができます。

5(サービス利用料および条件

当社が提供するサービスは基本的に無料です。ただし、有料サービスの利用をご希望の方は、当該サービスに別途記載された料金をお支払いくださ

6(サービスの追加・変更

当社はサービスの追加・変更が必要な場合、第4条にその内容を反映し、第2条第4項乃至第5項に基づき掲示および通知しなければなりません。

7(サービス利用の制限および停止)

① 当社は下記の各号のいずれかに該当する事由が発生した場合、サービスの一部もしくは全部の利用を制限、または停止することができます。
1.当社のサービスが会員の故意または重大な過失により妨害される場合
2.サービス用設備のメンテナンスや工事によるやむを得ない場合
3.電気通信事業法に規定されている基幹通信事業者が電気通信サービスを停止した場合
4.国家緊急事態、サービス設備の障害またはサービス利用量の輻輳などでサービス利用に支障が生じる場合
5.その他の重大な理由により、当社がサービスの提供を継続することが不適切であると認める場合

② 当社は、前項の規定によりサービスの利用を制限または停止したときは、その事由および制限期間等をサービスホームページ等に掲示し、電子的形態(Eメール、SMS等)で個別通知しなければなりません。

③ 当社が前項による掲示および通知をすることができないやむを得ない事由がある場合、事後に掲示および通知することができます。

8(個人位置情報の利用または提供)

社は個人位置情報を保存できるサービスを提供し、個人の位置情報を第三者に提供しません。保存された位置情報は会員のみ利用・提供できます。

当社は、個人位置情報を員が指定する第三者に提供する場合、提供される者および提供目的を事前に員に告知して同意を得ます。

2項により、個人位置情報を員が指定した第三者に提供する場合には、個人位置情報を集した該通信端末またはEルアドレス等で員から提供を受ける者、提供日時および提供目的(以下「情報提供内訳」といいます。)を直ちに通知します。

9(個人位置情報の利用または提供の制限)

当社は会員の同意があるか、または次の各号のいずれかに該当する場合を除いては、個人位置情報または位置情報の利用・提供の事実確認資料を利用規約に明記または告知した範囲を超えて利用、または第三者に提供することはできません。

1.位置情報サービスの提供に伴う料金精算のために位置情報の利用・提供の事実確認資料が必要な場合
2.統計作成、学術研究または市場調査のために個人を特定できない形に加工して提供する場合

10(個人位置情報主体の権利および行使方法

① 会員は、当社に対しいつでも個人位置情報を利用した位置情報サービスの提供および個人位置情報の第三者提供に対する同意の全部または一部を撤回することができます。この場合、当社は提供された個人位置情報および位置情報の利用、提供の事実確認資料を破棄します。ただし、同意の一部を撤回する場合は、撤回する部分の個人位置情報および位置情報の利用・提供の事実確認資料に限ります。

② 会員は、当社に対しいつでも個人位置情報の利用または提供の一時停止を要求することができ、当社はこれを拒否することができず、このための技術的な手段が設けられています。

③ 会員は、当社に対し下記の各号の資料に対する閲覧または告知を要求することができ、当該資料に誤りがある場合はその訂正を求めることができます。この場合、当社は正当な理由がなければ、その要求を拒否することはできません。

1.本人に対する位置情報の利用、提供の事実確認資料
2.本人の個人位置情報が位置情報の保護および利用等に関する法律または他の法律規定により第三者に提供された理由および内容

員は、1項乃至第3項に規定されている利行使について、当社ムペジのカスタマーセンターまたは当社の連絡先を通じて要求することができます。

11(法定代理人の権利

当社は会員が14の場合、個人位置情報を利用した位置情報サビスの提供および個人位置情報の第三者提供について、員とその法定代理人から同意を得なければなりません。この際、当社は会員に対し同意手続きへの協力をサビスを通じて要求することができます。この場合、法定代理人は第10による員の利をすべて有します。

128歳以下の児童等の保護義務者の権利・義務および行使方法

① 当社は、以下の場合に該当する者(以下「8歳以下の児童」等という。)の保護義務者が8歳以下の児童等の生命または身体保護のために個人位置情報の利用または提供に同意する場合は、本人の同意があるものとみなします。
1.8歳以下の児童
2.成年被後見人
3
.「障害者福祉法」第2条第2項第2号の規定に基づく精神的障害のある者として「障害者雇用促進および職業リハビリテーション法」第2条第2号の規定に基づく重症障害者に該当する者(「障害者福祉法」第32条の規定による障害者登録をした者に限る。)

② 8歳以下の児童等の生命または身体保護のために個人位置情報の利用または提供に同意しようとする保護義務者は、書面同意書に保護義務者であることを証明する書面を添付して当社に提出しなければなりません。

③ 保護義務者は8歳以下の児童等の個人位置情報の利用または提供に同意する場合、本規約第7条による利用者の権利をすべて有します。

13(位置情報管理責任者の指定)

① 当社は位置情報を適切に管理・保護し、個人位置情報主体の苦情を円滑に処理するよう、実質的な責任を負うことのできる地位にある者を位置情報管理責任者として指定し運営します。
② 位置情報管理責任者は位置情報サービスを提供する部署の部署長であり、具体的な事項は本規約の付則に従います。

14(損害賠償)

当社が位置情報の保護および利用等に関する法律第15条乃至第26条の規定に違反した行為によって会員に損害が発生した場合、会員は当社に対して損害賠償を請求することができます。この場合、当社は故意・過失がないことの立証ができなければ責任を免れません。

15(準拠法および裁判管轄)

① 本規約は大韓民国法令により規定され、履行されます。
② 会員および法定代理人の権利とその行使方法は、提訴当時のの住所によるものとし、住所がない場合は居住地を管轄する地方裁判所の専属管轄とします。ただし、提訴当時の住所または居住地が明確でないか、または海外居住者の場合には民事訴訟法上の管轄裁判所に提起します。

16(紛争の調整およびその他

① 当社は位置情報関連の紛争について当事者間の協議が調わなかったり、協議自体ができない場合は、「位置情報の保護および利用等に関する法律」第28条の規定に基づいて放送通信委員会に裁定を申請することができます。
② 当社または会員は位置情報関連の紛争について当事者間の協議が調わなかったり、協議自体ができない場合は、「個人情報保護法」第43条の規定に基づいて個人情報紛争調整委員会に調整を申請することができます。

17当社の連絡先

当社の商号および住所等は次の通りです。
1.商号:(株)MOCA System
2.代表者:キム・ドンヒョン
3.住所:13554京畿道城南市盆唐区亭子一路248パークビュータワー17階
4.代表電話番号:031-710-4958

18位置情報管理責任者

当社の位置情報管理責任者の以下の通りです。
  1.役職: キム・ドンヒョン代表
  2.代表電話番号:031-710-4958 

付則

(施行日)本規約は2023年2月28日から施行する。